経営法友会

能力強化講座 英文契約(下期)の主要講義項目

 

第1回 『総論』

 国際的な契約書を検討する場合に、契約書の類型にかかわらず常に注意すべきポイントがあります。「総論」では、さまざまな契約書の例文を素材にして、そのようなポイントを説明します。知識や情報を提供して覚えていただくという発想ではなく、「考え方」を身につけていただくという方針でお話しします。すでにご経験が豊富な方々におかれても、これまでのご経験のまとめとしてお役に立つと思います。

 

第2回 『売買契約・代理店契約』

 売買契約・代理店契約書の簡単な例文を素材にして、注意すべき点を検討します。売買契約・代理店契約特有の条文のみならず、「総論」的に応用できる広い「考え方」をお伝えしたいと思います。

 

第3回 『ライセンス契約』

 ライセンス契約書の簡単な例文を素材にして、注意すべき点を検討します。ライセンス契約特有の条文のみならず、「総論」的に応用できる広い「考え方」をお伝えしたいと思います。

 

第4回 『国際契約に関係する税務』

 外国企業と取引を行うにあたって知っておくべき税務の基礎を説明し、やや高度になりますが租税条約の適用についても検討します。なお、「移転価格税制」「タックスヘイブン税制」「過少資本税制」「外国税額控除」については、専門的になりすぎますので、ごく概略を説明するにとどめます。

 

※各回 14時~17時 開催

※関連する拙著をすでにお読みの方々におかれては、内容の相当部分が重複することをあらかじめご理解・ご容赦いただきたく存じます。

                                        

講師 弁護士 仲谷栄一郎氏 略歴

 1982年3月  東京大学法学部(法学士)

 1984年4月  最高裁判所司法研修所修了(36期)・弁護士登録(第一東京弁護士会)

 1991年10月  英国ロンドンのAllen & Overy法律事務所勤務

 2002年1月  アンダーソン毛利友常法律事務所で勤務開始

 取扱案件:会社法務、国際契約、税務

著  書:「租税条約と国内税法の交錯」(第36回日本公認会計士協会学術賞受賞 共著・商事法務)、「Tax Law in Japan」(共著・Kluwer Law International)、「外国企業との取引と税務」(共著・商事法務)、「契約の英語」全2巻(共著・日興企画)、「交渉の英語」全3巻(共著・日興企画)、「初歩からきちんと英文契約書」(中央経済社)ほか論文等多数

以 上

ページのトップへ