経営法友会

 

経営法友会大会テーマ 過去一覧

 

第1回(昭和55年)「企業における『法務』の確立と前進のために」

第2回(昭和57年)「経営における『法務』の機能と位置付けを求めて」

第3回(昭和59年)「法務組織定着化の推進と方策を探る」

第4回(昭和61年)「予防法務から戦略法務へ」

第5回(昭和63年)「国際化時代における"法務"の戦略機能を探る」

第6回(平成2年)「90年代における"企業法務"を展望する」

第7回(平成4年)「変容する企業環境における『法務』の機能」

第8回(平成6年)「経営の変革と法務」

第9回(平成8年)「マルチメディア時代における企業法務とは」

第10回(平成10年)「企業法務における創造と変革」

第11回(平成12年)「企業価値を創造する法務」

第12回(平成14年)「経営改革と法務─今求められるコーポレートガバナンスとは」

第13回(平成16年)「企業の社会的責任と法務─CSRへの法務部門の新たな取組み」

第14回(平成18年)「『内部統制』のあり方─法務部門の役割と課題」

第15回(平成20年)「法化社会における『法務部門』─内部統制システムを経営に活かす仕掛け」

第16回(平成22年)「環境の変化に対応する企業法務─企業法務実態調査を踏まえて」

第17回(平成24年)「グローバル時代の企業法務─経営を支える法務部門の役割と課題」

第18回(平成26年)「経営から期待される企業法務の機能とそれに応える法務人材について」

 

ページのトップへ