経営法友会

 

NEWS『企業法務革命

 ◎ 第19回経営法友会大会から第20回記念大会へ!

 ◎『企業法務革命』が刊行!

 ◎『企業法務革命』の読書会(会員懇談会)を開催します!

 
 

◎第19回大会から第20回記念大会へ!

 
経営法友会は2年に1度、シンポジウム形式による「経営法友会大会」を開催しています。同大会は1980年に当会創立10周年事業として企画・開催されて以降、その時々において注目される企業法務上のテーマを元に開催されるものであり、内外から高い評価をいただいています。第20回である今記念大会に向けて、現在、総務部会内に設置された準備委員会による企画検討が進行しています。

 

日本企業の永続的発展に資する法務部門の運営」と題し2016年に開催された第19回大会では、第11次法務部門実態調査の調査結果をもとに、多面的な検討が行われました。今秋開催される第20回記念大会のテーマは、「企業内法務革命――2030年の法務」(仮題)。 11月30日(金)に、アルカディア市ヶ谷で開催予定です。

 

 日 時:2018年11月30日(金)午後

 会 場:アルカディア市ヶ谷 http://www.science-forum.co.jp/img/maps/arcadia.htm

 定 員:300名(先着順)

 

本企画は、近未来の企業法務のあり方について、法務機能と人材育成の両面から革新的なアプローチを行おうという意欲的な試みであり、基調講演とパネルディスカッションで構成することが予定されています。

 

この「企業内法務革命」というテーマは、第19回大会の基調講演においてダニエル・フット東京大学教授より紹介された、元GEのジェネラル・カウンセル、ベン・ハイネマン氏による書籍『The Inside Counsel Revolution: Resolving the Partner-Guardian Tension』にヒントを得ています。本書で描かれているジェネラル・カウンセル論は、役職としてのジェネラル・カウンセルにとどまらず、企業における法務部門それ自体の役割について、大きな示唆を与えてくれるものです。

 

◎『企業法務革命』が刊行!

 

この7月に株式会社商事法務より刊行された『企業法務革命――ジェネラル・カウンセルの挑戦は、上記『The Inside Counsel Revolution: Resolving the Partner-Guardian Tension』の翻訳書籍です(企業法務革命翻訳プロジェクト訳)。第19回大会終了直後から有志による訳出プロジェクトが始動し今般上梓されたものであり、訳者メンバーには、当会会員企業の法務担当者の方々も多く参画されています。当会会員企業の皆様は、本書を割引価格で購入できますので、下記「特別割引申込書」に必要事項を記入のうえ、直接に株式会社商事法務までお申込み下さい(期間限定ですのでご注意下さい)。

  『企業法務革命――ジェネラル・カウンセルの挑戦』特別割引申込書

 (経営法友会会員限定・要ログイン)

 

◎『企業法務革命』の読書会(会員懇談会)を開催します!

 

本書刊行を機に、会員企業である翻訳メンバーをファシリテーターに迎え、企業法務担当者同士で、今後の企業法務部門のあり方、備えるべき力について、会員懇談会形式で読書会を行い、意見交換を行おうということになりました。この会合では、『企業法務革命』に描かれる米国のありようを参照しながら、本書の翻訳プロジェクトメンバーとご一緒に考えていただきます。本書をこれからお読みになる予定の皆様、すでにお読みいただいた皆様にご参集いただき、ご参加各社の実情と理想なども紹介していただきながら、意見交換を行います。会員企業の皆様におかれましては、奮ってご参加下さい。

 

 読書会(会員懇談会)

 企業文化と法務部門の使命

  ――書籍『企業法務革命――ジェネラル・カウンセルの挑戦』を読む

 日 時:2018年9月5日(水)18時より(2時間程度)

 場 所:公益社団法人商事法務研究会 会議室

    (東京都中央区日本橋茅場町3-9-10 茅場町ブロードスクエア2階)

 司 会:藤井豊久氏(東 海運株式会社)

     前田光俊氏(三井化学株式会社)

 企画概要

企業の中で法務部門はどのような役割があり、何を期待されているのか。『企業法務革命』の読者の皆様に参加していただき、米国のありようを参照しながら、ご参加各社の実情とあるべき理想の姿について意見交換を行っていただきます。

   参加申込みはこちらから

 

 

 

   本件に関するお問合せ先

    経営法友会事務局

      E-Mail;keieihoyukai@shojihomu.or.jp

      TEL;03-5614-5638

ページのトップへ