経営法友会

【ご案内】「不祥事予防に向けた取組事例集」が公表されました

経営法友会の会員有志において、日本取引所自主規制法人「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」を題材に意見交換会「不祥事予防のプリンシプルに関する意見交換会」を開催し、その議論をもとに「不祥事予防に向けた取組事例集」がとりまとめられましたので紹介いたします。

 

 「不祥事予防に向けた取組事例集」

 

 

◆「不祥事予防に向けた取組事例集」公表にあたって(事例集より抜粋)

 近年、我が国の上場・非上場企業において多くの不祥事が表面化し報道されており、不祥事の発生を予防する取組みの実効性向上は企業価値の持続的な向上のための重要な課題となっています。2018年3月には、日本取引所自主規制法人が「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」を策定・公表しましたが、企業の法務・コンプライアンスに携わる実務担当者の視点からは、「プリンシプル」の内容には違和感はないものの各原則の文言の抽象度が高く実務担当者の具体的なアクションには繋げにくいといった指摘もなされています。そうした問題意識のもと、企業法務実務担当者の情報交換等を行う経営法友会の会員有志において、「プリンシプル」を題材にして各社の不祥事予防に向けた具体的な取組みを議論する意見交換会を開催しました。

 本事例集は、こうした実務担当者による意見交換会の議論をもとに、意見交換会メンバーの所属する各社における「プリンシプル」に関連する具体的な取組内容等をとりまとめたものです。企業のおかれた立場は業種・規模、事業特性、機関設計、取り巻く環境等によって様々に異なり得るため、不祥事予防に向けた取組みを実効的なものとするためには、各社において自社の実態に即した創意工夫を凝らすことが必要です。本事例集は、どの企業にもあてはまる唯一の「ベストプラクティス」を提示するものではなく、意見交換会メンバーが各社でよりよいものを目指して試行錯誤しながら進めている取組事例を紹介するものです。本事例集が、不祥事予防に向けた取組みに携わる実務担当者の参考として活用され、各社の取組みの実効性向上に資することを期待しています。

 

(参考URL)

 ➡「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」

 ➡ 日本取引所グループのニュースリリース

 

ページのトップへ