経営法友会

新型コロナ危機下の企業法務部門

新型コロナ危機下の企業法務部門

在庫有り

経営法友会 編

A5判並製

ISBN:978-4-7857-2792-5

定価:2,376円 (本体2,160円+税)

発売日:2020/06

詳細
経営法友会幹事・運営委員を中心とした有志メンバーの英知を結集した書籍が刊行されます。
コロナ禍において、各社の法務部門がどのように考え、行動したのか、また将来にわたって何を模索するべきか、といった考え方のエッセンスが詰まった内容となっております。

経営法友会会員企業の皆様には刊行時に各社1部謹呈(7月2日発送予定)します。2部目以上をお求めの方は会員特価(2,160円+税)で当会HP「刊行物」欄からお申込みいただけます。

《主要目次》
第1章 想像力を働かせよう
01 危機下の企業法務部門――新型コロナウイルス対策本部より
02 新型コロナ危機後の企業法務に期待されるもの
03 企業法務のNEW NORMについて――POSTコロナに想いを馳せながら
04 数字で読み解く新型コロナウイルスと法務
05 危機時のコンプライアンス
06 新型コロナウイルス禍で芽生えたレピュテーションに関する意識変化

第2章 法務のあるべき姿は
07 危機における法務部門の機能――パートナー機能とガーディアン機能
08 企業活動の制限・在宅勤務を通じて学んだ法務部の役割
09 企業法務の基本に今こそ立ち返ろう――丸椅子施策の現状報告を兼ねて
10 不確実性の高い状況下における法務の在り方
11 法務担当者は生き残らねばならない
12 法務部門の責任者としてどう考えたのか――先例なき時の羅針盤、インテグリティ、あてはめ、人との関係
13 新型コロナ危機下における企業法務の採用・育成
14 小規模法務部門の同志へ

第3章 仕事の質を高めよう
15 危機管理下で問われる法務業務のインフラ
16 世界的危機下で成長するグローバル法務
17 コロナ禍における「今すぐ役立つ」リーガルテック・AIの導入
18 新型コロナ対策を契機とした業務の棚卸と文書管理のススメ
19 法務の発信力は尊い(はず)
20 緊急事態宣言下の内部通報窓口
21 新型コロナ危機下における取引法務の論点整理
22 新型コロナ禍で経験した在宅勤務と労務管理

第4章 機関運営を進化させよう
23 新型コロナウイルス禍における株主総会運営とバーチャルオンリー総会
24 バーチャル株主総会が実現可能な要件
25 危機管理下の取締役会――グローバルなビデオ会議の実情を踏まえて
26 危機管理下の取締役会――取締役会の継続プランを中心に

第5章 みんなで語ろう
27 〈バーチャル座談会〉“Stay Home Golden Week”に語る
  コロナ禍において、今、企業内法務の私たちが考えること、考えねばならないこと
28 今、経営法友会に求められる機能と役割

エピローグ――そこに「残心の構え」はあるか

ページのトップへ