経営法友会

競争法・独禁法の基本的な考え方(全6回)

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000754
タイトル 競争法・独禁法の基本的な考え方(全6回)
――公益社団法人商事法務研究会 会員連続セミナー
開催日程 全6回(各回17:00~19:00)
 第1回 1月21日(火)競争法の全体像、エンフォースメントの概要
 第2回 1月27日(月)違反要件総論
 第3回 2月3日(月)競争停止行為(カルテル、垂直的制限)
 第4回 2月10日(月)他者排除行為(取引拒絶、略奪廉売、抱き合わせなど)
 第5回 2月17日(月)搾取行為(優越的地位濫用)
 第6回 3月2日(月)企業結合行為(合併、株式取得など)
開催場所 公益社団法人商事法務研究会 会議室
(東京都中央区日本橋茅場町3-9-10)
対象者 競争法に関心のある企業法務担当者や弁護士
開催趣旨  競争法(competition law)とは、米国反トラスト法、EU競争法、日本独禁法などの総称ですが、この分野には、他の法分野とはかなり異なる発想・文化があります。例えば、他のほとんどの分野では、ルールが条文に盛り込まれ、「条文からスタート」などと言われますが、競争法では、条文の肝腎のところは抽象的であり、条文を読んでも何もわかりません。他方で、競争法の当局・実務家・研究者においては国際的な交流が活発なので、基本的な考え方においては、ある程度、共通化されています。専門家は、国際的に共通した枠組みで思考し、その結果を、国内で通用させるため便宜的に、国内法の条文に当てはめているのです。条文を読んでも何もわからないのは、そのためです。
 この「基本的な考え方」を中心に、講義します。そして、これを理解するための具体例として、日本独禁法のガイドラインや事例を中心に、時には米国やEUの素材も少し見るなどします。これにより、日本だけでなく外国の競争法を見る場合にも使える汎用的な枠組みを得ることを目指します。
 ※本連続セミナーは公益社団法人商事法務研究会との共催です。
申し込み要領 ■本講座は公益社団法人商事法務研究会との共催です。
■受講のお申込みを確認次第、折り返し請求書・受講票、振込用紙をご送付します。受講料は、請求書到着日から研修開催後1ヶ月以内の間にお振り込み下さい。講義当日は、会場に受講票をご持参下さい。
■特にお申出のない限り、郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお、「振込手数料」は、ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしませんので、ご都合の悪い場合は、代理の方のご出席をお願い申し上げます(この場合は、必ず事前に下記「問合先)までご連絡下さい)。
■講義資料・レジュメのみの販売はいたしません。
■ご記入頂きました個人情報は、公益社団法人商事法務研究会の「個人情報に関する保護指針」(https://www.shojihomu.or.jp/p008)に従って、適切に取り扱います。
■反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへの出席をお断りいたします。
■講義内容・趣旨等を考慮のうえ、セミナーへの出席をご遠慮願う場合がございます。
■大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございます。
■問合先 電話:03-5614-5637/E-mail:sh2013@shojihomu.or.jp
申込方法 商事法務研究会及び経営法友会の会員の方は会員専用ページよりお申込みください。
(こちらからお申込みされない場合は、会員価格が適用されません。)
一般の方は、下記のサイトより参加登録をお願いいたします。
https://www.shojihomu.or.jp/seminar?seminarId=7920947
受講料 商事法務研究会会員/経営法友会会員 88,000円(税込)
一般 110,000円(税込)
主催 公益社団法人商事法務研究会、経営法友会
注意事項 ※会場での録音・撮影、パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
※各講毎に受講者の交替も可といたします(この場合、申込者には、代表者のみご記入下さい)。
※1回目のみ、3回・4回のみなど分割しての申込みはできません。
講師
白石忠志(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
定員 50 名
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ