経営法友会

【視聴期間:8/3~9/3】電子契約の導入から考える企業法務のこれから

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
KHKS0000844
タイトル 【視聴期間:8/3~9/3】電子契約の導入から考える企業法務のこれから
開催日程 視聴期間:2020年8月3日(月)14時~2020年9月3日(木)14時
講義時間:1時間程度
*上記期間以降はアーカイブ(https://www.keieihoyukai.jp/livearchives)に掲載いたします(2020年11月2日(月)まで)。
*本講義は7月28日(火)に収録したものになります。
開催場所 本講義は、お申込時にお送りする【ご登録完了】メールに視聴先URLを記しています。メールアドレスの登録が誤っておりますとメールが到着しませんので、ご注意下さい。
対象者 経営法友会会員企業
開催趣旨  新型コロナウイルス感染拡大によるリモートワークの浸透で、契約書への押印を見直す機運が高まり、多くの企業で電子契約の導入または導入の検討が進められています。
 本月例会では、電子契約の基本をおさらいしたうえで、電子契約導入のための判断視点(重要な契約も電子契約化してよいか、一部の契約から段階的に電子契約化していくべきか、電子契約の相手方の信頼性・継続性は十分かなど)、実務的検討ポイント(成りすましリスク、既存の業務フローとの整合性をどう考えるかなど)をわかりやすく解説します。また、電子契約導入のための社内調整の際の考え方も整理します。
 そして、電子契約をはじめとしたリーガルテックの推進が進み、すでに大きく変化しつつある企業法務のこれからの姿についても展望します。
講師
尾西祥平氏(三浦法律事務所 弁護士)
関連リンク 尾西祥平講師のプロフィール
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

ページのトップへ