経営法友会

海外子会社に対するガバナンス、リスク管理、コンプライアンス体制構築のポイント

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000296
タイトル 海外子会社に対するガバナンス、リスク管理、コンプライアンス体制構築のポイント
開催日程 2016年8月29日(月) 午後2時~4時
開催場所 AP東京八重洲通り 11階会議室
東京都中央区京橋1-10-7 /TEL:03-6228-8109
(JR線「東京」駅八重洲中央口より徒歩6分、地下鉄銀座線「日本橋」駅より徒歩5分・「京橋」駅より徒歩4分、都営浅草線「宝町」駅より徒歩4分)
開催趣旨  企業の海外事業展開が加速する中、日本の親会社には各国の地域の特性や各子会社の役割を踏まえた経営管理が求められています。そこで本月例会では、海外子会社管理の考え方や管理手法、実務上の留意点を解説するとともに、海外におけるリスク管理の問題、コンプライアンス上の課題、クロスボーダー買収後の統合に伴う課題などについて、コーポレートガバナンスの観点からポイントを解説いただきます。

※本月例会では、講師への事前質問を受け付けます。お申込み時のコメント欄に質問事項をお書きください。なお、すべてのご質問にお答えすることができない場合がございますことをご了承ください。事前質問の〆切は8月8日(月)です。
講師
クロウホーワス・グローバルリスクコンサルティング株式会社 代表取締役社長  米国公認会計士、公認内部監査人、公認情報システム監査人 毛利正人氏
定員 300 名
添付ファイル AP東京八重洲通り
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ