経営法友会

令和3年民法・不動産登記法、相続土地国庫帰属法のポイント

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000977
タイトル 令和3年民法・不動産登記法、相続土地国庫帰属法のポイント
開催日程 視聴期間:11月15日(月)14時~12月15日(水)14時
*上記期間以降はアーカイブに掲載いたします(2022年1月31日(月)14時頃まで)。
*本講義は11月5日(金)に収録したものです。
講義時間:2時間程度
開催場所 本講義は、お申込時にお送りする【ご登録完了】メールに視聴先URLを記しています。メールアドレスの登録が誤っておりますとメールが到着しませんので、ご注意ください。
対象者 商事法務研究会会員・経営法友会会員・一般(非会員)の方
開催趣旨  所有者不明土地の増加等の社会経済情勢の変化に鑑み、所有者不明土地の発生を防止するとともに、土地利用の円滑化を図るため、2021年4月、「民法等の一部を改正する法律」(令和3年法律第24号)、「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」(令和3年法律第25号。相続土地国庫帰属法)が成立・公布されました。
 本解説会では、改正民法・不動産登記法,相続土地国庫帰属法について,そのポイントを解説します。
講師
大谷太氏(法務省大臣官房参事官)
関連リンク テスト動画【こちらで動作確認の上、お申し込み下さい】
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ