経営法友会

「株式交付」の活用場面と実務上の留意点

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
KHKS0000983
タイトル 「株式交付」の活用場面と実務上の留意点
開催日程 視聴期間:2022年1月27日(木)14時~2022年2月28日(月)14時
*上記期間以降はアーカイブに掲載いたします(2022年4月27日(水)14時頃まで)。
*本講義は、2022年1月20日(木)に収録したものです。
講義時間:1時間程度(予定)
開催場所 本講義は、お申込時にお送りする【ご登録完了】メールに視聴先URLを記しています。メールアドレスの登録が誤っておりますとメールが到着しませんので、ご注意ください。
対象者 経営法友会会員の方
開催趣旨  令和元年改正会社法で新たな組織再編の手法として認められた株式交付。制度としては整備されたものの、実際の使い勝手や他の制度と比較した際のメリット・デメリットなどについては、十分に整理できていない企業も多いのではないでしょうか。
 本月例会では、M&Aで採り得る選択肢のなかでの株式交付の位置づけを確認しつつ、実際の利用事例も踏まえながら、どのような場面で株式交付の活用が見込まれるのか、また利用に当たっての実務的な留意点について解説します。
講師
竹平征吾氏(弁護士法人大江橋法律事務所 弁護士)
関連リンク 竹平征吾講師のプロフィール
関連リンク テスト動画【こちらで動作確認の上、お申しみ下さい】
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

ページのトップへ