経営法友会

国際紛争に備える法務対応 チェックポイント〔第2回〕危機管理と紛争解決

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
KHKS0001035
タイトル 国際紛争に備える法務対応 チェックポイント〔第2回〕危機管理と紛争解決
開催日程 視聴期間:6月10日(金)14時~7月11日(月)14時
*上記期間以降はアーカイブに掲載いたします(2022年9月12日(月)14時頃まで)。
*本講義は、2022年6月1日(水)・3日(金)に収録したものです。
講義時間:90分程度
開催場所 本講義は、お申込時にお送りする【ご登録完了】メールに視聴先URLを記しています。メールアドレスの登録が誤っておりますとメールが到着しませんので、ご注意ください。
対象者 経営法友会会員の方
開催趣旨  ロシアによるウクライナ侵攻に伴い、さまざまな局面で法務対応が必要になっています。緊張が続いている国際情勢下では、将来、新しい国際紛争が勃発する可能性も否定できません。
 本月例会では、ロシア・ウクライナ危機を契機として、国際紛争発生時に必要となる法務対応について、平時から備えておくべきこと、国際紛争発生時の危機管理をメインに、それぞれの分野の専門家が解説します。
 第1回では、ロシア・ウクライナ危機において現実に生じている法的課題を概観し、将来の国際紛争発生に備えて論点を整理するとともに、事前対応として、契約上の手当て、BCP(サプライチェーンの強化)をテーマに解説します。
 第2回では、国際紛争発生時の危機管理対応をテーマに、サプライチェーンの課題、経済制裁措置への対応、国際紛争を発端とするサイバー事案をふまえたサイバーセキュリティ体制の見直しについて、そして、グローバルに事業活動を行う企業に必須の最新の国際通商・投資のルールおよび紛争が発生した際の国際調停および仲裁の活用・投資協定をふまえた紛争解決ツールについて解説します。
受講料 無 料
主催 経営法友会
講師
小原淳見氏/服部薫氏/福原あゆみ氏/殿村桂司氏/今野由紀子氏(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
関連リンク テスト動画【こちらで動作確認の上、お申しみ下さい】
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

ページのトップへ