経営法友会

「EU域内から十分性認定により移転を受けた個人データの取扱いに関する補完的ルール」および「『個人情報保護法ガイドライン』に関するQ&A」について

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000579
タイトル 「EU域内から十分性認定により移転を受けた個人データの取扱いに関する補完的ルール」および「『個人情報保護法ガイドライン』に関するQ&A」について
開催日程 2018年11月14日(水) 午後2時~4時
開催場所 明治記念館
東京都港区元赤坂2-2-23 / TEL:03-3403-1171
(JR中央線・総武線「信濃町駅」徒歩3分、地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」2番出口より徒歩6分)
開催趣旨 昨年、改正法が施行された個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」という。)について、EU一般データ保護規則とのかかわりにおいて、今年8月24日に公表 された「個人情報の保護に関する法律に係るEU域内から十分性認定により移転を受けた個人データの取扱いに関する補完的ルール」について、個人情報保護委員会事務局の担当官より解説いただきます。あわせて、個人情報保護法の具体的指針である「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」の最新の内容について、7月20日に公表されたQ&Aの内容も含めながら、ご紹介いただきます。
※なお、本月例会の開催に際しては、事前質問を募り、可能な範囲で講演の中でご回答いただきます。(事前質問締切:11月2日(金))
事前質問の受付について 本月例会の開催に際しては、事前質問を募り、可能な範囲で講演の中でご回答いただきます。事前質問についてはお申込み時の「コメント」欄にご記入いただくか、お申込み完了メールのアドレスへご連絡をお願い申し上げます。
(事前質問締切:11月2日(金))
講師
個人情報保護委員会事務局 参事官補佐・弁護士 北山 昇氏 
定員 300 名
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ