経営法友会

【LIVE配信】現実味のあるアジア・コンプライアンス

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
KHKS0000696
タイトル 【LIVE配信】現実味のあるアジア・コンプライアンス
開催日程 2019年9月12日(木)14時~16時(2時間)
 (月例会開催時間帯に同時配信します)
開催場所 ※こちらは【LIVE配信】専用窓口です。
 【ご登録完了】メールに記載の視聴URLにアクセスして下さい。
対象者 経営法友会会員企業限定
開催趣旨 【講師より受講生の皆様へ】
 私は、米国、インド、シンガポールにおける10年近い海外駐在経験をもとに、インド、東南アジア等のクロスボーダー案件(現地進出・M&A・コンプライアンス・紛争等)を専門とする渉外弁護士ですが、多くの企業がアジア新興国に進出される中、各国の法制度やコンプライアンス環境を調べようとして、多くの時間とコストを割いている姿を見てきました。
 アジア各国は規制が多い割に曖昧であり、確実な指針を得ようとすればするほど、かなりの努力を強いられます。また、アジア地域統括拠点は機能させることが難しく、「費用対効果」で見合わなくなるケースもよく見られます。マニュアルを作ろうとしても、一所懸命に努力を捧げたにもかかわらず、かえって使い勝手の悪いものができてしまいかねず、アップデートも大変です。
 ここで一度、「100点満点を目指すべき」という、コンプライアンスの常識を疑ってみませんか? 経営法友会の「現実味のあるコンプライアンス研究会」では参加各社が知見を持ち寄りコンプライアンス遵守のための適切な温度感を探っていますが、私は本研究会にゲスト参加させていただき、研究会メンバーの皆様との意見交換を行う中で、アジア新興国でこそ、現実味のあるコンプライアンスが重要であることを確信しました。
 本月例会では、「現実味のあるアジア・コンプライアンス」と題して、アジア各国に進出されている企業の皆様宛、平素の業務の中で何を重視すべきか、いかにして70点を目指すかについて講義を行いたいと思います。
LIVE配信の推奨環境・受講方法 ※推奨環境は、光回線または安定したWi-Fiのもとでのご視聴です。
※YouTube Live を用いて配信します。
※当日の視聴URLは【ご登録完了】メールに記しています。申込時にメールアドレスを正しく入力して下さい。
※会場配布資料・投影資料については、遅くとも開催前日の正午までに当会HP「ライブラリ」に掲出します。
※当日は、月例会開始時刻(14時)少し前から配信体制を整えます。
※現在、当会の行う月例会LIVE配信は、回を重ねながら改良を行っているさなかにあります。できるだけ皆様に快適にご利用いただきたいと考えておりますが、皆様の通信環境により見え方・聞こえ方が異なる場合があるようです。恐れ入りますが、可能な範囲でPC、スマホ、タブレットなど、いくつかのデバイスでお試しいただけましたら幸いです。また、皆様の会社における外部コンテンツの視聴に関するポリシーの事前確認をお願いします。
講師
久保光太郎氏(AsiaWise法律事務所 弁護士)
定員 300 名
関連リンク 久保光太郎講師のプロフィール
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

ページのトップへ