経営法友会

アメリカでの起業経験目線からのオープンイノベーションにおける法務のかかわり――法務にイノベーションは必要か!? そのとき法務はどう動く?

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
KHKS0000721
タイトル アメリカでの起業経験目線からのオープンイノベーションにおける法務のかかわり――法務にイノベーションは必要か!? そのとき法務はどう動く?
開催日程 2019年11月28日(木)14時~16時(2時間)
※「オープンイノベーションにおける法務のかかわり」より改題(10/7)
開催場所 ホテルモントレ大阪 14階「浪鳴館」
大阪市北区梅田3-3-45/TEL:06-6458-7111
(JR「大阪駅」桜橋口、阪神電鉄「梅田駅」北口、地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札よりそれぞれ徒歩5分、地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩13分 各駅とも地下鉄で連結)
対象者 経営法友会会員企業限定
開催趣旨 多くの企業においてオープンイノベーションへの取組みが進められています。法務部門として、イノベーションを阻害することなく、促進していくにはどのような機能が求められるのでしょうか。

グレーゾーンの解消、新たなルールの模索など、これまでの法務部門からイノベーション促進のための企業法務のあり方については、スタートアップ企業から学ぶべきところも少なくありません。本月例会では、国内外で多くの企業の新規事業や新規事業展開案件のほか、スタートアップ企業の事業成長にも関与されるなど、実務経験豊富な水島淳弁護士を講師に迎え、イノベーションをめぐる現状を踏まえたうえ、今後の法務機能のあり方、法務担当者としての課題などについて、具体的な事例を交えながら解説していただきます。

講義項目(予定)
(1)米国でのスタートアップ経験から考える
   イノベーションのキーとしての法律実務
    ➠スタートアップ、新規事業における多様な施策
(2)新規事業構築・展開と企業法務
    ➠いわゆるこれまでの企業法務と何が違うか
(3)イノベーションを促進するために必要な法務機能とは
    ➠これからの企業法務に求められるものは何か
※改題について より内容を適切に反映するため、「オープンイノベーションにおける法務のかかわり」より改題いたしました(10/7付)
講師
水島 淳氏(西村あさひ法律事務所 弁護士)
定員 100 名
関連リンク 水島 淳講師のプロフィール
関連リンク アクセスマップ(ホテルモントレ大阪)
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

ページのトップへ