経営法友会

【LIVE配信】オリンピック・パラリンピックに備えたBCP(事業継続計画)

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000725
タイトル 【LIVE配信】オリンピック・パラリンピックに備えたBCP(事業継続計画)
開催日程 2019年11月14日(木)14時~16時(2時間)
 (月例会開催時間帯に同時配信します)
開催場所 ※こちらは【LIVE配信】専用窓口です。
 【ご登録完了】メールに記載の視聴URLにアクセスして下さい。
対象者 経営法友会会員企業限定
開催趣旨 オリンピックは「計画された災害」とも呼ばれています。各社では、事業活動がオリンピックによって想定されるリスクについて整理し、対応を検討されているでしょうか。たとえば、次のような場面では、どう対処しますか。

・従業員の大半が観戦のため有休を申請したら
・交通規制で流通がストップしたら(出勤できなかったら)
・開催期間中に事故が生じたら
・開催期間中は休業できるか

自然災害や事故と比較すると、計画された災害という意味では、想定される事象から、ある程度の予防策を講じることができそうですが、現実は意外と難しい課題が山積しているのです。

本月例会では、危機管理とBCPの専門誌「リスク対策.com」編集長を務められ、ロンドン、リオデジャネイロ、平昌のオリンピックも視察されている中澤幸介氏、企業の安全配慮義務の観点から企業のBCPについてさまざまな法的アドバイスをされ、関東弁護士会連合会災害対策協議会ワーキンググループ座長でもある中野明安氏を講師に迎え、オリンピック・パラリンピックを翌年に控えた現時点において、企業はどのような問題意識で取り組めばよいのか、BCPとしてどのような準備・対策が望ましいのかなどについて、具体的・実務的に解説していただきます。
LIVE配信の推薦環境・受講方法 ※推奨環境は、光回線または安定したWi-Fiのもとでのご視聴です。
※YouTube Live を用いて配信します。
※当日の視聴URLは【ご登録完了】メールに記しています。申込時にメールアドレスを正しく入力して下さい。
※会場配布資料・投影資料については、遅くとも開催前日の正午までに当会HP「ライブラリ」に掲出します。
※当日は、月例会開始時刻(14時)少し前から配信体制を整えます。
※現在、当会の行う月例会LIVE配信は、回を重ねながら改良を行っているさなかにあります。できるだけ皆様に快適にご利用いただきたいと考えておりますが、皆様の通信環境により見え方・聞こえ方が異なる場合があるようです。恐れ入りますが、可能な範囲でPC、スマホ、タブレットなど、いくつかのデバイスでお試しいただけましたら幸いです。また、皆様の会社における外部コンテンツの視聴に関するポリシーの事前確認をお願いします。
講師
中澤幸介氏(株式会社新建新聞社 常務取締役 危機管理メディア事業部部長)/中野明安氏(丸の内総合法律事務所 弁護士)
定員 300 名
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ