経営法友会

あの熱狂を再び!!

若手法務研究会 season

 ~求む、企業法務革命の担い手たち~

 

メンバー募集のお知らせ(予告)

 

2018年7月~2019年3月までの短期間の活動期間にもかかわらず、日本中の若手法務担当者を熱狂の渦に巻き込んだ伝説の研究会が復活!!

 

法務担当者と一口に言っても、業種や会社によってその姿はさまざまです。特に、部門の平均人数が4人以下という小規模法務も珍しくないのが法務部門ですから、自分の会社の中だけで、同年代の法務担当者の状況を知ることのできる方はそう多くないでしょう。

 

ほかの会社の「若手」の方と交流することで、自分の働き方を見直してみたい、悩みのヒントを見つけたい、同年代の仲間と出会いたいという方はたくさんいらっしゃるようです。

 

今回、経営法友会では若手法務担当者の方を参加対象とする研究会「若手法務研究会 season2を立ち上げることになりました。

テーマはどの業種・会社にも共通する「働き方」です。

2ヵ月に1回、ご参加者の皆様に集まっていただき、グループごとに毎回のテーマに沿って意見交換を行っていただきます。テーマによっては、法務の先輩がたにゲスト参加していただき、ご一緒に交流していただくことも予定しています。

 

具体的には、次のようなテーマを対象とします。

○自己研さん・自己啓発

○ワーク・ライフ・バランス

○キャリア

○業務のIT化などライフハック

○他部門とのコミュニケーション

○法務部長との意見交換会

 

研究会を通じて得られたご知見は、ご参加いただく皆様の今後の法務業務にお役立ていただけることでしょう。

また、ここで活動を共にする方々とは、今後も交流を続ける事のできるよい「仲間」となっていただけるでしょう。

皆様のエントリーをお待ちしております!

 

 >>今後、season1参加者の感想を順次UP予定!

 

エントリーをしていただくにあたって

 

(1)活動期間 2019年9月~2020年3月

(2)活動イメージ

全4回(予定)の会合に参加していただきます。(原則17時開始、2時間程度)

■基本的な運営方式はグループ討議です。前半では共通テーマについて、後半では自由に各グループご意見交換を行っていただき、終了後に各グループからワークペーパーをご提出いただきます。

■アウトプットとして、ワークペーパーをもとにした当会会報誌へのご寄稿をお願いすることがあります。

■初回以外はご参加者の皆様で討議テーマを設定いただきます。テーマに応じて、法務の先輩方などにご参加いただき、お話を伺うことも予定しています。

(3)プロデューサー(主査)

   中嶋康晴氏(野村ホールディングス株式会社)

 中嶋様には「若手法務担当者の集い」(東京会場)のファシリテーターをお務めいただいたご縁により、プロデューサーをお引き受けいただきました。

(4)会合開催場所

公益社団法人商事法務研究会会議室を中心とします。

(東京都中央区日本橋茅場町3-9-10茅場町ブロードスクエア)

(5)応募資格

  以下の要件を全て満たす方

 (1)社会人経験が1年以上8年以下である

 (2)「若手法務研究会season1」に参加していない

 (3)"企業法務革命"に興味がある

   ※応募資格を満たさない方にお申込みいただいてもご参加いただくことはできません。

(6)応募方法 

  ➡お申込み【7月1日より受付開始】

*月例会のエントリーと同じように、会合申込画面よりお願いします。

*お申込み後に届く「ご登録完了」メールに記載してあるURLより「研究会エントリーシート」フォームに必要事項を入力してください。

*キックオフの日程が決定しています。ご予定ください。

   日 時:2019年9月26日(木)17時~(2時間程度、終了後懇親会予定)

   場 所:公益社団法人商事法務研究会

    (東京都中央区日本橋茅場町3-9-10 茅場町ブロードスクエア)

    当日の議事内容についてはエントリー後に当会事務局よりお知らせします。

   参加費:無 料

 

(7)応募期間 2019年7月1日(月)より  ※定員に達し次第、締め切ります

(8)留意事項

■1社1名のエントリーに限らせていただきます。

■活動期間中、自社内で応募資格を満たす方が複数名いらっしゃる場合には、お申込み者以外の方に代理でご出席いただくことも可能といたします。

 

若手法務研究会に関するあらゆるご相談はこちらまで

   経営法友会事務局

   E-Mail;keieihoyukai@shojihomu.or.jp

   TEL;03-5614-5638

 

ページのトップへ