経営法友会

事業の紹介

 当会事業は、会員総会(毎年5月)において承認される事業計画に基づき運営されています。具体的には、会員会社から選任された幹事によって構成される幹事会の下に、運営部会(総務部会、月例部会、研究部会、研修部会、大阪部会)が設けられ、この各運営部会が毎月の事業を企画し、運営・実施をしています。原則として各事業への参加費用は無料です。

 

総務部会

(1)会報誌の発行
時機に応じた論考、月例会講演録、会員会社法務部門の紹介などをまとめた会報誌(経営法友会レポート)を毎月発行しています。
(2)会員懇談会の開催
法務部門が抱える諸問題について、会員相互の意見交換の場として「会員懇談会」を随時開催しています。
(3)学界・法曹界等との意見交換
学界や法曹界等の積極的な意見交流を図るため、必要に応じて、学者、裁判官、弁護士等との意見交換の場を設けています。
(4)法務部門実態調査
5年ごとに法務部門実態調査を行い、成果を刊行物として発表しています。
(5)経営法友会大会
2年ごとに経営法友会大会を開催しています。研究報告やシンポジウムなどを行い、日常の研鑚成果を示すとともに、会員相互の懇親の機会としています。
 

月例部会

 立法動向、実務動向、企業を取り巻く法的問題、時事のトピックス等について、立案担当者、専門家を講師に迎え、解説会(月例会)を開催しています。

 

研究部会

(1)研究会の設置
企業法務に関わる実務上の課題を整理し、必要なテーマを選定のうえ会員各社からメンバーを募り研究会を設置して、検討を重ね、その成果については刊行物として公表しています。
(2)政策、立法等の意見照会対応
各種政策、立法等への提言や意見照会(パブリックコメント)に対する意思表明を行っています。
 

研修部会

 法務担当者のスキルアップを目指し、会員各社の法務担当者、研究者、弁護士等を講師に迎え、 企業法務に関わる主要な項目に対して体系的・網羅的に研修会を開催しています。

 

大阪部会

 関西地域の会員への対応として、東京に準じた活動(月例会、研修会、会員懇談会、研究活動)を開催しています。

 

ページのトップへ