経営法友会

最新テクノロジーで法務業務を支援 ― LegalForce社/GMOクラウド社

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000706
タイトル 最新テクノロジーで法務業務を支援 ― LegalForce社/GMOクラウド社
開催日程 2019年10月11日(金)14時~16時(2時間)
開催場所 AP日本橋(F・G室)
★ご注意★「AP東京八重洲」とは異なる新会場です。
 東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロントビル6F
 TEL:03-3273-3109
 (JR東京駅徒歩5分、銀座線日本橋駅徒歩2分)
対象者 経営法友会会員企業限定
開催趣旨 本月例会は、各社法務部門に効率的で安定的なテクノロジーを提供することで業務支援を行っている2社を招聘し、各社が提供されているテクノロジーの実際の内容と意義について解説していただくものです。

株式会社 LegalForce の角田氏には、契約書の自動レビュー、条文検索、類似契約書のレコメンド等の機能を通じて法務担当者の業務負荷を軽減するためのAI「LegalForce」の実際の姿を解説していただきながら、リーガルテックが導入されるべき「哲学」についても語っていただきます(前半約1時間)。

GMOクラウド株式会社の牛島氏には、法務部門が電子契約(電子データ+電子署名)を導入することで得られるコスト削減、スピード締結、万全の証拠力、コンプライアンス強化というメリットについて、民事訴訟法や印紙税法との関係についての考え方についても触れていただきながら紹介していただきます(後半約1時間)。

当会内に設置された「Society5.0」研究会第3グループは「リーガルテックと法務業務」を主題とする検討を継続していますが、本月例会は、「まだ間に合う! リーガルテック・AI導入 虎の巻」(9月19日東京開催)に続く、同研究会グループが提案する第2弾企画です。実際にテクノロジーの開発を手がけておられる企業による本月例会は、当会会員企業の皆様にとって、大きな道標になるに違いありません。積極的にご参加下さい。
講師
角田 望氏(株式会社 LegalForce 代表取締役CEO/弁護士)/牛島直紀氏(GMOクラウド株式会社 ソリューション事業部 電子契約サービス推進室室長)
定員 300 名
添付ファイル アクセスマップ(AP日本橋)
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ