経営法友会

具体的事例で考える内部通報の実務

このセミナーは終了いたしました。
番号
KHKS0000728
タイトル 具体的事例で考える内部通報の実務
開催日程 2019年11月19日(火)14時~16時(2時間)
開催場所 AP東京八重洲通り 11階会議室
東京都中央区京橋1-10-7 /TEL:03-6228-8109
(JR「東京」駅八重洲中央口より徒歩6分、地下鉄銀座線「日本橋」駅より徒歩5分・「京橋」駅より徒歩4分、都営浅草線「宝町」駅より徒歩4分)
対象者 経営法友会会員企業限定
開催趣旨 経営法友会では、2018年10月より会員企業による「内部通報実務研究会」が活動しています。企業のコンプライアンス制度の重要な柱として、内部通報制度が近年ますますその重要性を増すなかで、その具体的対応や改善策を共有し、内部通報担当者の悩み等を率直に共有・議論してきました。今回、1年間の活動を通じて得られた成果報告として、研究会で議論された「思わずとほほと言いたくなるような悩ましい通報の対応」「匿名通報にいかに対応するか」「グローバル通報制度の整備」などの題材について、その一端をご紹介します。さらに、リスクコンサルティング事業者として研究会にご協力をいただいたディー・クエスト社により最新の内部通報制度事情の解説および各社で抱える問題の共有と独自視点による質疑応答をいただくこととしています。内部通報に何らかの形で携わられる法務担当者の方はぜひ、ご参加ください。
講師
守田達也氏(双日株式会社 執行役員 法務・広報担当本部長、法務部長)/梅澤博文氏(株式会社ディー・クエスト 取締役)
定員 300 名
関連リンク アクセスマップ(AP東京八重洲通り)
このセミナーは終了いたしました。

ページのトップへ